1 2 3 4 5 6 7
あなたの人生を歌にしませんか。

枯れ葉になるには 早すぎて さやかに名残(なご)れと 願いつつ それでも還(かえ)った 秋の空へと 風に乗れま […]

夕陽を背にし 線路沿い 駄菓子を買いに 歩く途中だった ポケットに入れた 10円玉 大事に入れて 来たはずなの […]

ちょうど今頃 夕やけきれいだった ポンコツ自転車 とうさんにつかまり 近所の広場 道々の雑草とり シソ ニラ  […]

一 今日は楽しい 運動会 国旗がパタパタ そよいでる とうさん かあさん 来てるかな 僕、一生懸命 走るんだ […]

一 靴の先まで 疲れた身体 このまま帰って 独り酒 夜風虚しい 心侘しい 星が・・星が くっついてくらぁ 故郷 […]

一 萩のむらさき すすきの穂 いつの間にやら 命日が お彼岸だんご お供えすれば 合わせ掌 年々長くなる 秋茜 […]

大人になって得たものは ポケットから溢れ出ている 失ったものもいっぱいで でもそれは失くしたんじゃなく 忘れて […]

流れる雲を 目で追いかけて 乗ってみたいな あの雲の上 ときの朝には 鶯の声に ときめきいだき 春の草花 ゆっ […]