1 2 3 4 5 6 7
あなたの人生を歌にしませんか。

冷えたマティーニ、大人の恋のお酒
背中が語り、グラスに影が落ちる

そのひとは、ときの狭間に入り込み
指先までも、目が離せなくなって

ダウンライトは、グラスの淡きひかり
止まり木並ぶ、ふたりの静かな背中

 

 

グラスを上げて、同じのもう一杯
君も飲むだろ、そうね同じでいいわ

そのひとは、懐かしい匂いがする
会ったのは、今夜がはじめてなのよ

惹かれあうのよ なぜかわからないけど
薬指には お互い指輪はないの

 

 

次第に近づく、ふたりの止まり木は
何もはばかる、理由はないけれど

聞かないで、3杯目のマティーニなら
もういいわ、少し酔ったぐらいが調度いい

ダウンライトは、グラスの淡きひかり
止まり木並ぶ、ふたりの静かな背中

 

 

2015/3/3 作詞/yumej

コメント

コメントする