1 2 3 4 5 6 7
あなたの人生を歌にしませんか。

八重の花 ひとひら舞って
青い空ゆらりゆらりと 遊ぶか春の風

流るる川に、花筏は浮かび
水の音(ね)清らか、うららか日和

先より便りありて来たるひとは
朝夕に祈り この胸に、そっと秘めて

ひと枝手折れば なぜか
悲しみが寂しさ募り 移り香を探す

あなたの名を 掌になぞったなら
花に癒され、刹那に美しく

指折数える月の満ち欠けに
朝夕に届け 涙で、溶けてしまわぬうちに

八重の花 ひとひら舞って
届けよゆらりゆらりと 風に乗り、あなたのもとへ

2015/2/21 作詞/yumej

コメント

コメントする