1 2 3 4 5 6 7
あなたの人生を歌にしませんか。
サンダルでは、もう 冷たい足
風向きが変わり ひとり、たじろぎ歩く

夕陽が落ちゆく 水平線
映画のワンカット 想い出す、あのブルース

センチメンタルに 心ほどけ
蓋(ふた)をしたはずの 色の無い、むかしのこと

なのに、だから、結局は あんたを忘れていない 
いつまで、くよくよしたって あんたが忘れられない

芯まで染まった 朱(あか)の色を
夕凪の海に 投げ捨てたい、埠頭の秋は深まる

ah~


けだるい、うしろ背 この場所から
遠ざかることに ためらい感じている

Goo-Byと手を振り きびす返し
髪をなびかせて 戻れたらいいんだけど

影はむじゃきだと 黙って笑う
ただ違うことは 笑いを忘れた、わたし

なのに、だから、結局は あんた色に染めたまま
Sorrowな日々に疲れても あんたが忘れられない

だからこの海が 恋しくって
前にすすめない 馬鹿なおんな、口ずさむ あのブルース

ah~


なのに、だから、結局は あんたを忘れていない 
いつまで、くよくよしたって あんたが忘れられない

芯まで染まった 朱(あか)の色を
夕凪の海に 投げ捨てたい、埠頭の秋は深まる


 

※無断転載禁止 
上記の詞についての権利はyumejが保有します。 
yumejに無断での使用、転載は出来ません。
また使用、コラボ作品をご希望のかたは 
メールにてご連絡ください。

コメント

コメントする