1 2 3 4 5 6 7
あなたの人生を歌にしませんか。

1、

小さなバッグに 想い出を入れたのか

写真立てとか 記念日のプレゼント
そんなものじゃなくて wo ~

今じゃなきゃ だめになる、そう云って
目を伏せながら 身支度を整えて
薄い背中が震える wo~ wo~ ~

ごめんな ごめんな
おまえの傷を 深くするだけで
引き止めたいけど
握りこぶしの 汗を握るだけ

離れたほうが お互いのためだから
弱くいじけた 今の俺、うな垂れて、冬の夜

2、
その泣き笑い かろうじて受け入れて
真(ま)に受けている はずもない強がりを
跳ね返せないのさ wo~

ともに歩いた ときが今よみがえる
無言で話す それほどに分っていた
これでいいのかと wo~ wo~ ~

嫌気もさすだろ
この附がなさに この無骨さに
見つめられないよ
おまえの背中 背を向ける俺

精一杯の この想いを語れたら
とどまってくれと 腕でさえつかめない、冬の夜


ごめんな ごめんな
おまえの傷を 深くするだけで
引き止めたいけど
握りこぶしの 汗を握るだけ

木枯らし吹けば なお虚しい すきま風
背を向けたまま 足音が遠くなる、冬の夜

※無断転載禁止
上記の詞についての権利はyumejが保有します。
yumejに無断での使用、転載は出来ません。
また使用、コラボ作品をご希望のかたは
メールにてご連絡ください。

コメント

コメントする