1 2 3 4 5 6 7
あなたの人生を歌にしませんか。

 

【きみに紡ぎし歌】  「桜の木の下」より

作詞     yumej
作曲 編曲 うた maborosi

 

そのむかしの色は
モノクロのグラディーション
桜の花色は
そこだけは薄紅色(べにのいろ)

縁側に並んで
ただ黙って香りを
楽しみお茶を飲み
阿吽(あうん)の呼吸になり

だんだんと咲く様(さま)を
眺めて弥生月(やよいづき)

何年ものあいだ
見続けてきたのは
赤い屋根に立つ
風見鶏も同じではないだろうか

 
若木(わかぎ)にたよりなく
そうとて、わたしらも
同じくして育ち
年々(ねんねん)と楽しむ

背丈にもなったとて
花芽少なくとも
もう、乙女のようだ
愛しき桜よ、咲けと

ようように見上げれば
卯月八日(うづきようか)に散りて

ふたりの想いでは
この家の庭から
桜の木と歩み
やがて、セピア色のアルバムになる

 

 

「桜の木の下」の
歌をうたいながら
揃いの指輪見て
ゆく先に微笑む

きみの紡ぎし歌は
穏やかに、穏やかに奏でることだろう

 

 

※無断転載禁止
上記の詞について全ての権利は作者が権利を保有します。
作者に無断での使用、転載は出来ませんので、ご使用になりたい場合には、作者に直接お問い合わせ下さい。

コメント

コメントする